映画はひとりで楽める!?ひとりで行けない人に試して欲しい方法4選!!

映画に行きたいけどひとりで見に行けない…
ひとりで鑑賞してみたいとも思うけど勇気が出なくて…
映画をひとりで行くって、周りから変な目で見られないかな?
ひとりで映画に行く人あんまりいなさそうで、自分だけ浮いてしまいそうだし、DVD出るまで待とうかな…

でも、DVDが出る頃にはその映画ブームも過ぎ去った後。
悲しきかな、語りたくてももう遅し…

No! More! NE! TA! BA! RE!

りんご

そんなお悩みを解決しちゃいます!

このわたし、りんごも2年前までは、ひとりで映画を見に行くなんて
周りが気になって見に行けませんでした。
シアター席に着いたとしても、そのシアター席に着くまで、着いた後!
映画館をどう去るか、周りが気になって仕方ないんですよね

でも、よく周りを見渡すと、実はひとりで見に行っている人、結構多いんです。

ひとり映画の味方がいるってなんとなーくわかっていても、

どうしてもひとりで見に行く勇気が出ない…そんなあなたに!

りんごの、とっておきのおまじない、教えちゃいます!
 

この記事を読んでわかること
★ ひとりで映画を見に行く人の割合

★ ひとり映画の楽しみ方

★ 周りの目が気になって仕方ない人に、初めの一歩を踏み出せる方法

USJをひとりで楽しく満喫するためにやっておくべき4つの準備とは?

2019年9月30日

映画にひとりで見に行く人って、実際どれくらいいるの?

やっぱり欲しいのは、味方!

ひとり映画に行く人、実際どれくらいいるんだろう…?

という疑問にお答えします!

ずばり!株式会社アスマークによる、1200人(男女比5:5)の調査の中、

4割の人が、ひとりで映画を見に行っているんです!

出典;株式会社アスマークより

「映画に関するアンケート調査」から引用

すごい!

思ったよりみんなひとりで映画に行ってるんだ!!

りんご
そう。これだけ味方がいるのがわかると、ちょっと勇気湧いてこない?

ひとり映画はメリットがいっぱい!

りんご

味方がたくさんいるとわかっても、

ひとりで映画を見に行くのは、周りの目線のことで頭がいっぱいになってしまいがち。

でも、周囲の目よりも、まずはメリットを意識してみましょう!

実はひとり映画にはメリットがたくさんあるんです!

そのなかでも、ひとりで映画を見に行きたくなる魅力を5個、お伝えします!

#1 時間に縛られない

誰かと映画を見に行くとなると、考えてみると実は一日がかり。

待ち合わせ時間は?

どこで待ち合わせする?

待ち合わせ時間に間に合うように行くには何時の電車やバスに乗ればいい?

…etc.

沢山考えることがあって、友人と連絡を取り合って。

これ、結構わずらわしくないですか?せっかくの休日なのに一日がかりでスケジュールを考えるって、とても時間がもったいないんです。

それに比べてひとりで映画に行くとなると、思い立った時にひとりで現地に行けて

待ち合わせ時間もなくシアターに入って好きな時間に映画鑑賞

これ、めっちゃ楽です。

わたしも経験あるのですが、

世間はブラック企業…(失礼)で溢れかえり、

時間に縛りのある社会人の休日は、自分の使いたいように時間を使わないと、休んだ、って気になりません!

#2 好きな座席を選べる

座席!映画鑑賞の上ではすごく重要ポイントだとわたしは思います!

せっかく高いお金出してひとりで映画を見るんだから、いい席を選んじゃいましょう!

例えば「●」が埋まってる座席。「〇」が空いてる座席とすると、

上の真ん中の席を見てみれば、みんな結構2人とかで来てるので、

「●●〇●●」とかでちょうど真ん中が空いてたりするんですよ!

あとは「●●〇〇〇●●●」とかだと、「●●〇〇●●●」の「」を選ぶと、

大概両脇の〇には誰も入ってこずに、広々と映画鑑賞を楽しむことが出来ちゃうんです。

すごく得じゃないですか!?

#3 好きなだけ感動できる!

#2の、自分の思う最高の座席を選んだところで、映画を見ると、すごく集中できます。

隣に人が座っていたとしても、所詮知らない人。好きなだけ感動して、好きなだけ涙を流せます。なにも恥ずかしいことはありません。

人は涙を流すとリラックスできるといいます。

なので普段の疲れやストレスを、ひとりで発散できちゃうんです

#4 ときには、シアターのみんなで一体感を味わえちゃう

これは感動映画を見た時もそうですが、コメディ映画を見たときは、すごく実感しちゃいます。

わたしが「銀魂」の実写映画をひとりで見に行った時のこと。

映画って、みんなで静かに見るものじゃないですか。

でも、「銀魂」を鑑賞中に、わたしは思わず笑ってしまったんです。

込み上げる笑いに、「やば」って瞬間的に思ったんですけど、

シアター内で鑑賞している人たちも、みんな同じように声を上げて笑ってて、「ホッ」としたこともあります。

そして感動だってそう。みんなが鼻をすすっていれば、みんな泣いています

押さえきれない「笑い」や「涙」は、時にはみんなが味方してくれます

そう考えると、ひとりで映画を見に行っていても、みんなの一体感があって、ひとりじゃないような気もさせてくれます。

それを感じた瞬間って、結構、嬉しいんです。

#5 流行に乗れる!

りんご
職場で世間話をしていると、こんなこと聞かれません?
りんごさん、あの映画観ました?

わたしも経験ありますが、気になっている映画を見に行くと見に行かないじゃ、周囲との話題に天と地の差が出来ます。

友達と予定が合わなくて…なんて、言ってる場合じゃないですよ!

映画は気が付けば上映期間が過ぎてしまっているものです。

ひとりででもいいから、気になる話題の映画があれば見に行って、

職場で楽しく話題に乗ってしまいましょう!

その方が仕事も楽しめますよ~!

たまにはデメリットも…

ひとり映画は、やっぱり、多少なりともデメリットはあります。

「周囲から変に思われないかな?」といった他己評価意識ではなくて、

  • すっごく気分が落ち込む映画だった…
  • 周りの人のマナーが目についた
  • 前の人の座高が自分より高かくて、前の人の頭がスクリーンにかぶった

これはもう避けようのないデメリットです。

りんご
わたしは、大好きな映画俳優がいて、

暗い映画だとわかっていながら、ひとりで見に行ったことがありました。

そしたら、その映画、ナチスドイツの情景を、驚くほどリアルに描いた映画だったんです。

(というか、当時の映像を差し込んだめちゃくちゃ覚悟のいる映画だったんです)

上映中、すごく逃げたくなりましたし、泣くどころか

「助けて!」

と叫びそうになりました。それぐらいのすごい映画だとはつゆ知らず…。

なので、ひとりで見に行く映画は、ある程度のジャンルは選びましょう…。

あ、ちなみに、りんごが見に行ったその映画は

マーティン・フリーマンさんが出ておられる「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」です。

これ、めっちゃ覚悟しないと見れません(苦笑)

でも、すごくリアルなので、ドキュメンタリーが好きな方にはおススメです!

ひとりで行けるようになるには?デメリットを逆手にとった対処法4選

りんご

悲しくなってしまうデメリットもお話しましたが、

それでも、りんごは楽しくひとりで見に行ってほしいので、ここからは

必ずひとりで、「楽しく!」見に行けるようになる方法を4選!

紹介しちゃいますね!

#1 曜日や時間帯を利用した映画鑑賞!

周囲が気になってしまうなら、曜日は平日を選びましょう。

仕事帰りのレイトショーは、基本的にひとりで鑑賞されてる方が多いので、とてもおすすめです!

それでも平日に見に行くなんて、やっぱり体力がいるし、

仕事で土日しか時間が設けられない、という方は

土日の、午前中をおすすめします!

土日って、結構みんな昼からの活動が多いので、午前中は人少なめで、狙いどころの時間です!

#2 目的を重視

映画は、「まわりを気にしに行くもの」ではありません。

映画鑑賞を楽しみにいくもの」です!

だから、周囲の目が気になる、という潜在意識は金輪際捨てて、

「わたしは映画を楽しむんだー!!」という意気込みで家を飛び出してみてください

この勢いで映画館に入ると、案外すんなり、ひとり映画デビューできたりしちゃいます!

#3 見終わった後の寂しさ対処法

ひとりで映画を堪能したあと、ふと周りを見渡すと、

みんなそれぞれの連れと楽しそうに映画の話をしています。

だからやっぱりたまに「寂しいな、わたしもこの感動誰かと語りたいな」って思うことは、きっと誰しも襲われる感情でしょう。

そんな時、有効な手段としては、

イヤホンをつけて映画のテーマに合った曲を爆音で聞きながら帰宅。

これ、してみてください。

めっちゃ!テンションだだ上がりですよ!

音楽にノリながら、映画に酔いしれてた自分を、楽しんじゃってください!

あとは、twitterや、Instagramでハッシュタグを付けて書き込んでみてください!

いいねとか、リプとかで、知らない人と交流を持つのも、けっこう楽しいですよ★

#4 どうしてもひとりで見に行く勇気が出ない人へのおまじない

それでも、やっぱりどうしてもひとりで見に行くなんて、勇気がなくて無理だよ…
りんご
そんなあなたに、ぜひご自身に言い聞かせてほしい、おまじないがあります!

それは…

「わたし、ひとりで映画も楽しめるのよすごいでしょ?」

これ、わたしの必殺・超ポジ自分持ち上げ法です。

なんじゃそりゃ!?ってなるかもしれませんが、

これを自分の心で思ってみることで、周囲の目が気になる人でも、

堂々と映画館を歩くことが出来ます。

わたしもこれを思うようになって、平気で映画館に向かえるになりましたし、

わたしの友人にも言ったら、

「なるほど、めっちゃポジティブ」とか「そう思ったら行けるわ!」と、

色んな「ひとり○○」を楽しむようになってくれました!

だから、ぜひ!

あなたもこのおまじないで、なかなか踏み出せない一歩を踏み出してみてくださいね!

まとめ

* ひとり映画に挑戦したい方へ *
  • 映画はひとりで十分に楽しめるメリットがたくさんある!
  • どうしても寂しかったらSNSでつながって感動を語り合おう!
  • どうしてもひとりで見に行く勇気がなければ、必殺・超ポジ自分持ち上げ法「わたし、ひとりで映画も楽しめるのよすごいでしょ?」を心の根底に楽しむ!
必殺・超ポジ自分持ち上げ法、いいかも!

わたしもそれで堂々と映画館歩いてみようかな

りんご
ぜひ、そう思い込んでみて!

結構、優越感に浸って映画を楽しめちゃうわよ

映画は、その映画の内容を楽しむもの。

せっかく大好きな映画なのに、周りばかりを気にして辛い思い出にしたくないですよね?

素敵な映画鑑賞は、きっとあなたの人生を豊かにしてくれるはず。

仕方がなく、ひとりで映画を見に行く」のではなくて、

もっとポジティブな意識をもって、

ひとりで映画を存分に楽しみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です