【独断と偏見】オシャレになる方法とは。目指せオシャレカリスマ。

はじめまして。

ちょうど今から6年前ですね。いわゆる”オシャレに目覚めた”って思った時は。

(突然のアナザースカ◯感ですが真面目に記事は書いたのでお付き合いください。笑)

多分皆さんも1回は考えたことはあると思います。

「オシャレになりたい。」

(あ、ちなみにアメリカでは=fancyと表現したりします。URLに気づいた人がいたら。)

今となってはアプリでコーディネートを投稿したり、スタイリングについての動画がUPされて

いたりと、簡単にオシャレになれる時代が来たと思います。

少なくとも、私がオシャレになりたいと思った時はそんなツールは存在していなかったですし、

田舎者の私の場合、正直周りそこまでオシャレに気を使っている人なんていませんでした。

特に日本人は気質として「周りに合わせる」ことをもっとも重要視する性質があるので、

オシャレの先駆者になりたがる人は日本人には少ないのかもしれません。

でも私の独断と偏見から言わせていただくと、本当に多くの方々が、

”みんなと少し変わった存在でいたい。特別でいたい”

と思っていると感じます。

今日はそんな人たちが少しでも踏み出す勇気を持てるようにと記事を作ってみました。

ただ、おそらく時々瞑想の世界に連れていかれるので、覚悟してください。笑

こんな方に読んでほしいです
  • おしゃれを研究してるけど、いまいち違うな…と感じてる人
  • そもそも自分におしゃれなんか向いてない…と感じる人
  • おしゃれの意味をちゃんと理解したい人

~オシャレを自分で決めることから~

自分の中で「オシャレとは何か」を定義付けること

まず、1番最初にやって欲しいことは、「オシャレの定義付け」です。

そもそもオシャレに正解なんて存在しないですし、強いて正解があると仮定するなら

その正解は時代によって変わります。

だから自分の中で正解の決断を下して心に刻んでおいてください。

ちなみに私の場合は

「会話の要らない自己表現」

です。

その服を見るだけで相手と会話ができるような。会話が苦手な人にはピッタリですね。

自分の心とマッチした洋服を選ぶことを心に決めています。

(「こいつヤバイ奴だ…」って思ってしまった人は他の定義付けをしてみてください。笑)

どんな理由だってOKです。体言止めの理由でなくたってもちろん大丈夫。

「モテるための手段」「周りにダサイって思われたくないから」

「自己満足」「なんとなく」

途中で変わってもいいです。心に刻める何かを探し出してみてください。

~オシャレの旅~心ゆくまで自分に合う洋服を探してみよう

SNSで

ここに辿り着いたということは、みなさんオシャレになるために色々探求をしていること

だと思います。

そのまま探し続けてみてください。

とりあえず参考にまとめサイトをいくつか載せておきますね。

街中で

都会はもちろんですが、どんなに田舎でも自分の着る服に

気を使っている人は必ずいます。

“自分がこの服を着たらどうなるか”を常に想像して周りを見てみると

見えない景色も見えてくることがあります。ここでも自分の決めた定義は大切になってきます。

雑誌によるようなオシャレさんになりたい。

そんな定義の人はそれぞれの地域のファッション街に足を運んでみては。

私の経験上、

田舎でもローカル紙などにオシャレさんのコーディネートを掲載する記事があります。

その場合、大体その県のメインのJR駅前で突撃インタビューを行っています。

ブランドや流行にはこだわらない。自分のスタイルを貫きたい。

そんな人は古着屋さんまたはリサイクルショップへ行けば、

ありとあらゆる年代、当時の流行の服に出会うことができます。

ちなみに、

私の場合だと百貨店にいらっしゃる70代くらいの方々のコーディネートを参考にします。笑

理由はわかりませんが、私のインスピレーションがマッチするみたいです。笑

洋服、コーディネートを見ることが全てではない

洋服は生活に必須なアイテム。つまりは呼吸と同じです。

(それは違うだろうとよく突っ込まれますが。)

だから何も洋服だけを参考にすることはないんです。

時には、自然を感じてください。自分の心臓の音に耳を澄ましてください。

オシャレに正解はありません。

感じたままに服を着ることをオシャレにしてしまったって

良いんです。

~オシャレと議論してみよう~

自分の定義で、とことん探して買った服だって明日着たくなくなる時もある。

人間は気分屋な生き物です。

自分が好きになった人が、3ヶ月後には嫌いになっていたり、

今の今まで憤慨していた出来事が、

ほんの少しのきっかけでどうでも良くなってなんだか笑えてきたり。

そんな私達が人間です。決められたことが180度逆さまになることがってあります。

だから向き合ってください。自分の矛盾と定義の間で揺れてください。

1番最初に決めることは大切だと伝えましたが、それを貫き通すことは私の場合はオススメして

おりません。

洋服だって生き物です。気分があります。

いらなくなったその洋服をとっておくのか、売るのか、あげるのか、

はたまた刻んで雑巾にするのか。そんなオシャレとも向き合ってみては。

議論を繰り返せば自分の中の研ぎ澄まされた感性が見えてくる

私の場合は2年くらいかかりましたね。

色んなブランドを見て、色んな人物を見て、色んなものを感じて、それを自分の洋服に反映させて

また議論して。

そうすると自分がどうありたいのか、どうしたいのか。形のない答えが少しずつ見えてきます。

まぁそれがやっぱり間違いだってこともあるし、後からそれが正解だったってなることも

あるんですけどね。

要するに、少しずつ迷うことが無くなってきます。

服を見れば自分が求めていたものかすぐにわかるようになるし、

人を見ていればそれが参考になるかもすぐに判断できるようになります。

そうすればもうオシャレは自分のモノ。

しかもそうやって手にいてたオシャレは自然と評価される人にはされるものです。

特に自分とは相性が良いなと思った人には。

お世辞じゃないです。これは言葉できないものだと思います。

「ねぇ、私のどこが好きなの?」

「ん?わかんない。でも好きだよ。」

こんな感覚でしょうか。

オシャレの向こう側

ここまで来れたあなたは、オシャレに対して自分の中の何かの答えが出ていると思います。

それは言葉にできることかもしれないし、できないことかもしれない。

でも自分の中で確立されたものが心に刻まれているのではないでしょうか。

ただ、そのあとに見えてくる景色は、もっと壮大で、もっと自由な世界。

あとは自分で創り上げていくだけです。思う存分自分がなりたいものになってください。

最後に伝えたいこと

さぁ、現実世界に戻ってきてください。笑

「あぁ、世の中にはこんな人もいるんだなぁ。」と思っていただけたら嬉しいです。笑

最後まで読んでいて、オシャレについて色々考えていただけたかと思います。

要するにどういうことなの?!

って思っているのではないでしょうか。

1言で言います。

 

オシャレを楽しんでください。

 

この記事を書こうと思った時、私が1番優先したのは、

誰が何を考えるかではなく、自分がどう思うかでした。

賛否両論必至でも自分の価値観をここに殴り書きしたいなと。

だってそれが今1番やってみたかったことなので。

オシャレを始めることだって一緒です。

誰から意見を求める必要もないし、いつから始めるかなんで自分で決めれます。

そうやって気軽に始めたことが、僕の場合だと集大成となってこの約3,000文字に

集約されているわけです。

この3,000文字をみたら、きっとみなさんもオシャレについて

30文字くらいの感想は言えると思います。

そうやって少しずつ経験を積んでいけば、色んなことが培われて、

気づいたら「なんか最近オシャレになったよね?なんかあったの?」って聞かれるように

なるものです。笑

さぁ、一緒にオシャレを楽しんでみましょう。

ありがとうございました。

かわいくなるにはどうすればいいの??そんな悩みがある女の子へ!!

2019年10月10日

自分磨きで男の魅力をアップ!今日から始める理想の男になる方法!

2019年9月25日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です