コミュ障でも会社員として働けるの!?わたしの経験からお答えします!!

バイトちゃん
ひえー!今日のバイトも疲れたー…

お客さんたくさん相手にするの、コミュ障のわたしにはきついかも…

こんな調子じゃ、就職して会社員としてやっていけるのか心配だよー

社会人として生きていくうえで、お客様や会社の仲間、

取引先の人とのコミュニケーションは欠かせないものです。

その必要不可欠であるコミュニケーションを、

なかなかうまく取れない人がいます。

そう、コミュ障

と呼ばれる人々です。

何を隠そう、わたしもそのコミュ障のひとりでもあります。

コミュ障過ぎて

「仕事中に困ったことがあってもどうしていいか分からず、泣き出す」

「コミュ障のため接客が無理すぎて、ホールではなくキッチンへ回される」

なんてエピソードすらあります。

もう、書いていても情けなさ過ぎますが、

これを読んでいるコミュ障の方は

「ああー、分かるわー」

と共感いただける方も多いのでは?

ですが、

コミュ障だからと諦めてしまったら、

今後の人生において出来る仕事も限られてしまいますよ!

コミュ障のわたしですが、10年間会社員として働いていました。

こんなわたしでも会社員として働けていたポイント、

心がけなどをご紹介していきます!

この記事を読んでほしい人

わたしは自他共に認めるコミュ障です。

  • コミュ障で将来会社員として働けるか不安な方
  • コミュ障だけど現在会社員として働いている方
  • 職場にコミュ障っぽい人がいるという方
こんなことがわかります
  • コミュ障が会社員として働くコツ
  • コミュ障のわたしが会社員時代に心がけていたこと
  • そもそも、コミュ障は治すべき?

コミュ障は会社員として働けるの?

そんなコミュ障ですが、果たして会社員として働くことは出来るのでしょうか。

結論から言ってしまいましょう。

「コミュ障でも、会社員として働くことは可能です!」

なぜなら、コミュニケーションがとっても苦手なわたしが

10年間も会社員として働けていたのですから。

そうは言っても、職場の環境や上司の人間性にもよるところが大きいんでしょ?

あなたはたまたま恵まれていただけかもしれないじゃない。

いえいえ、職場環境、上司や同僚の人間性、

こんなことを言ってしまうのもどうかとは思いますが

「めちゃめちゃ劣悪な職場環境でした」

どんな職場環境だったのか、簡単にお伝えしましょう。

コミュ障のわたしが10年間勤務した会社

わたしが10年間勤務したのは、このような会社でした。

(※業種、業務内容は若干フィクションを入れてあります)

わたしが働いていた会社
  • 製造業の会社。
  • わたしは事務員兼、現場に指示を与える仕事をしていました。
  • 職場に頼れる人が不在な時もあり、自分で考えなければならないことが多い。
  • 現場で働く人からも怒られることがしょっちゅう。
  • 現場の指示、経理関係などやることがとんでもなく多い。

はい、書いていて改めて思ったのですが、

きつかったです。

コミュ障なのに、現場や同じ職場の仲間ともコミュニケーションを

密に取らなくてはならないような業務内容でした。

とにかく業務が多岐に渡っていたのと、

3年目に頼れる上司が退職してしまったのもあり、

一時はわたし一人で事務所を回さなくてはならない

なんて時もありました。

さらにコミュ障が災いして、

次のようなエピソードもありました。

「声が小さくて何を言っているのか分からない!」と言われる

声が小さい。

こちらはコミュ障あるあるではないでしょうか?

なんせ人と話すことが無さ過ぎて、

声の出し方すらおぼつかなくなっているような状況です。

元同僚
あのさー、もっと大きな声出せないの?

何言ってるのか分からないんだけど

何度言われたことか分かりません。

ですが自分でも意識して治すようにしていたところ、

次第に大きな声が出るようになったのか

「声が小さい」

と言われることは少なくなってきました。

ただしそこはコミュ障、

大きな声が出せるようになるまでに三年はかかりました。

話しかけることが出来ない

とにかくコミュニケーションを密に取らなくてはならない仕事だったのですが、

情けないことに現場の人たちへ

話しかけることが出来ない

んですね…

いわゆる「話しかけるなオーラ」

を出している人はもちろん、そうでない方へも話しかけることが出来ません…

わたし
ああ、どうしよう…

なんか忙しそうだし話しかけていいものか…

でも話しかけないと業務の指示も出せないし、どうしよう…

こんな調子で30分もその場を右往左往していたこともあります。

今から思えば、仕事なんだしさっさと話しかけて指示出そうよ、

と思いますが、当時は本気で悩んでいました。

しかしコミュ障とて環境には慣れるもの。

次第にいい意味で「図々しく」

なっていき、最終的には遠慮せずに話しかけることが出来るようになりました。

視野が狭くなって卑屈になる

声が小さいと怒られたり、なかなか話しかけることが出来ない、

そうなるとどうなるか。

段々と視野が狭くなっていきます。

わたし
ああ、なんかわたしってダメだよなー

声が小さいし、話しかけられないし、疲れちゃうなー…

そう、悪く言えば

「卑屈」

になっていきました。

どんどんと自分の殻に閉じこもり、

気が付けば

「誰からも相手にされていない」

「自分は存在する意味がないのでは」

などとネガティブなことばかりを考えるように。

こうなるともはや仕事に行くことすら億劫になってしまいます。

しかし

わたし
このままじゃいけない。

変わらないと

とちょっとだけ決心しました。

次に、

コミュ障だけど、無理なく働くにはどうすればいいのか。

わたしが心がけていたことをご紹介します。

ブラック企業のあるある13選!【実録】過酷すぎる労働環境の全貌

2019年10月8日

コミュ障が会社員として働くコツ

改めて自分はコミュ障だと自覚したわたしが、

このままじゃだめだ

と、意識して変えていったことがあります。

大きく分けてこの3つです。

わたしが心がけていたこと
  • 挨拶をきちんとする
  • 相槌を打つ
  • 職場に差し入れを持っていく

挨拶をきちんとする

挨拶は社会人というか、人として当たり前のことかも知れません。

しかし、その当たり前のことですら

「挨拶をして無視されたらどうしよう」

「挨拶していいのかな」

などと変に考えすぎてしまい、

「おはようございます」の

「お」

ですら言葉にできない状態でした。

実際に挨拶が返ってこないこともしばしば…

そんな時相談したある人からこんな言葉を言ってもらい、

かなり気持ちが楽になったのです。

相談され子さん
挨拶を返してくれない人はどこにでもいるわよ~。

そんなのいちいち気にしちゃだめ!

挨拶が返ってこなくても「挨拶の神様」にはちゃんと届いているんだから!

神様とかはあまり信じていない性格でしたが、

その時は落ち込んでいたのも相まって、

目から鱗が落ちるほど感銘を受けた言葉でした。

それから、挨拶が返ってこなくても

「神様にはきちんと届いてる!」

って勝手に思い込んで、積極的に挨拶をするようにしました。

すると、挨拶を返してくれない人は変わらなかったのですが、

他の方から

〇〇さんに挨拶してもらえるとさー、なんだか嬉しいんだよね

と言ってもらえることがありました。

挨拶って本当に大切だなと思ったエピソードです。

相槌を打つ

相槌(あいづち、aizuchi)とは、会話中にしばしば挿入される間投詞のこと。語源は鍛冶で主導的な鍛冶職と金敷をはさんで向かい側に位置し、ハンマー (槌) を振るう助手 (向かい槌とも) を指す言葉から。聞き手が話者に関心を持ち、理解していることを示す。

Wikipedia より引用

会話の中で相槌を打つというのも、

挨拶と同じくらい大切だと思います。

というのも、コミュ障が災いして職場の方との会話に入らなすぎて

元同僚
〇〇さんって何考えてるのか分からないんだよね

と言われてしまうことも。

わたし
なんか盛り上がってるけど、私なんぞが会話に入っていいものか

はい、考えすぎです。

自分が良く知らない会話で盛り上がっているならともかく、

知っている話題や、会話に入りやすい話題ならせめて

「相槌」

を打ってみようと思いチャレンジしてみました。

「へえー、そうなんですね」

「すごいなー」

など短めではありますが。

しかしそれだけで

「会話に参加したい」

「仲間に入りたい」

ということは相手に伝わりますよね?

何も反応せず、ただ黙々と仕事をしていたときより、

グッと職場の方々との距離が近くなりました。

職場に差し入れを持っていく

こちらは一緒に働いていたパートさんを

参考にさせてもらいました。

月一くらいのペースでですが、

おせんべいとかポテトチップスとか、

ちょっとしたお菓子の差し入れを持ってきてくれたんです。

それがとっても和んで癒されたので、わたしも真似して

ちょくちょくお菓子の差し入れを持っていくことにしました。

あるとき別の支店に用事があって出かけたとき、

せっかくだから何か甘いものでもと

近所のスーパーでお菓子を買って差し入れで持っていきました。

すると、

甘党部長
わあー、俺このお菓子大好きなんだよ!

ありがとう!

と、甘いもの好きな部長がとっても喜んでくれたんですね。

差し入れって、もらった側も和んで癒されるし、

差し入れした側も、こんなに喜んでもらえた!

ってどちらもとても嬉しい気持ちになるんだなって思えた

懐かしいエピソードです。

コミュ障は無理に治す必要はない

このように少しだけ自分の行動を見直していき、

徐々に職場の人たちともコミュニケーションを

取ることが出来るようになったわたしですが、

「無理をしない」

これだけは気を付けていました。

無理をして職場の人とコミュニケーションを取ろうとしても、

それが逆効果になってしまうことも考えられます。

コミュ障でも働きやすい仕事・環境を選ぶ

そもそも、コミュ障の方が働きやすい仕事や環境は

どのようなものがあるのでしょうか。

それはズバリ

「他人とコミュニケーションを取ることの少ない仕事・環境」

です。

コミュ障は他人とコミュニケーションを取ることが苦手であるため、

当然と言えるかもしれません。

わたしは次のような職種が、

他人とコミュニケーションを取ることが少なく、

コミュ障の方におススメと考えます。

コミュ障の方におススメな仕事
  • トラックドライバー
  • 工場勤務(ライン工など)
  • 倉庫勤務
  • 在宅ワーク
  • 投資(FX、株など)

こちらはほんの一例ですが、

このような職種が他人とのコミュニケーションが少なく、

コミュ障の方が働きやすいのではとわたしは考えます。

反対に他人とコミュニケーションを取る機会の多い

「接客業」「営業」「一般事務」

などは避けた方がいいかも知れません。

ただ、これらの仕事も

「若いうちに経験として一度やっておく」

というのはいいでしょう。

一番最初から自分に向いている仕事に出会えるとは限りません。

それにもしかしたら苦手だと思っていた職種も、

やってみたらとても自分に向いている可能性だってありますよ。

もしかしたら心の病である可能性も?

うつになるとコミュ力が下がります。それは他人の感情に気付きにくくなるからです。

Mentalist DaiGo Official Blog より引用

「わたしコミュ障だから」

と仰っている方、もしかしたら

うつ病などの心の病をお持ちである可能性もあります。

そんな時に自己判断で

「コミュ障は治さなきゃ!」

なんて頑張って、無理に他人とコミュニケーションを取ろうとする。

そうするとかえって悪影響になる場合もあります。

「うつというのは、怠けだと思われる」と言われるが、あれは嘘である。

もう、体が言うことを聞かず、動作がひどく緩慢になる。
思考がうまく回らない。
感情も、味覚も、痛覚さえも鈍化する。

それでも、頭の中では「もっと、もっと頑張らないと! 頑張らないと!」とフルアクセルを踏んでいる。

それが、「うつ」の正体だと知った。

つまり、「頑張ることをやめられない病」、それが、「うつ」なのだ。

note.com より引用

「もっと頑張らなきゃ!」

「このままじゃだめだ!」

という気持ちが前向きな向上心である場合にはいいかも知れません。

ただ、その気持ちが「焦り」であったり

「息苦しさ」「生きづらさ」

を感じさせているのであれば。

心の病を発症している可能性もあります。

そうなってしまえば仕事をする以前に、

人生そのものを狂わせてしまいます。

仕事がつらいなと思っているのであれば、

ぜひ早めに精神科や心療内科など、

専門医を受診することをお勧めします。

思い切って退職・転職するのもアリ

職場の人とコミュニケーションを取るのがつらい、

出勤することすらつらい。

そうなってしまったら、

退職や転職をする選択もアリです。

いや、簡単に言うけどさ

次の仕事が見つかる保証もないし、

家族もいるしローンもあるし、無理だよ。

お気持ちはとても分かります。

ですが、つらい仕事で消耗しきって心の病になってしまい、

それでもなお仕事にしがみついていたら?

「何のために生きているのか分からない」

そういう状態に陥ってしまいますよ。

そうなる前に転職サイトを活用して、次の仕事を見つけるのもおススメです。

コミュ障でも結婚できます!コミュ障の友達が結婚できた理由とは?

2019年9月27日

まとめ~コミュ障で会社員だったわたしがお伝えしたいこと~

 

コミュ障が会社員として働くコツ

コミュ障でも会社員として働くことが出来ますよ!

  • 挨拶を心がける。
    →挨拶が返ってこなくても気にしない。
  • 会話の中で、相槌を打つ
    →会話に参加したい、仲間に入りたいという意思表示。
  • 職場に差し入れを持っていく。
  • コミュ障は無理に治す必要はない。
  • なるべく他人と接する機会の少ない仕事を選ぶ。
  • 心の病である可能性もある。専門医に相談するのもアリ。
  • どうしても今の環境がつらいなら、退職・転職という選択肢も。

自分はコミュ障だから、社会に出て行けるのか不安。

そういう方はたくさんいらっしゃいます。

わたしもその一人でした。

しかし、ちょっとした心がけや選ぶ職種によって

コミュ障だって立派に会社員として働けます。

他人とコミュニケーションをうまく取れず、

何のために働いているのか分からないなんて人生、

いやですよね?

決して無理をせず、自分に合った仕事を見つけて

これからの人生を楽しみましょう!

仕事に行きたくない新人の私を助けて!先輩や上司が実践した対策方法

2019年10月3日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です