寂しさを感じない人なんているの?辛い気持ちを楽にする方法教えます!

友人や同僚と食事をしているとき、ふと顔を上げると、いつもひとりのあの人。

でも全然寂しそうじゃなくて…

それどころか楽しそう…!

自分だったら寂しく感じちゃうのに…

なんてこと、思ったことはありませんか?

 

お休みの日に買い物に出て、ちょっとお腹が減ったなって時。

ひとりでお茶をするのが寂しくて、つい我慢しちゃう私としては

ひとりで行動できる人が なんだかキラキラして見えます。

 

寂しい時って辛いですよね。

部屋の隅でうずくまったり、ベッドの上でぐったりしていたり。

もっと楽しいことに時間を使いたいのに、

そんな自分も嫌で、さらに沈んでしまったり…

せっかくのお休みもただただ辛いだけで終わってしまい、

全然疲れが抜けない…

 

そんな状態から抜け出したいと思い、私なりに寂しさについて研究してみました!

この記事を読んでほしい人
  • ひとりでいると寂しく感じてしまう人
  • ひとりでも寂しくないと思えるようになりたい人
  • 誰かとつながりたい人
この記事を読むと
  • 寂しい時にどうすればいいかわかる
  • 「寂しい」を客観的にみられる

この記事が毎日を楽しく過ごす手助けになると嬉しいです!

そもそも寂しさって何だろう?

改めて寂しさってなんだろう? と言われると難しいですよね。

ひとりでいると寂しさを感じる、そういう人は多いと思います。

けれど、人と一緒にいても無性に寂しさを感じることもありますよね。

寂しい

① あるはずのもの、あってほしいものが欠けていて、満たされない気持ち。物足りない。さみしい。 「彼の顔が見えないのは-・い」 「タバコをやめると口が-・い」 「ふところが-・い」
② 人恋しく物悲しい。孤独で心細い。さみしい。 「独り暮らしは-・い」 「知らない土地で-・い生活を送る」
③ 人けがなくひっそりしている。心細いほど静かだ。さみしい。 「 - ・い夜道」 「山奥の-・い村」

三省堂 大辞林 第三版 より引用

満たされない気持ち、なるほど。

だから ひとりの時に寂しく感じたりするんですね。

それに、うまくいかないとき、無力感のような寂しさを感じるのも納得です。

 

きっと自分の中の理想と現実の違いに「寂しさ」を感じている

そんな気がします。

 

では、その寂しさを感じない人、感じにくい人とはどんな人なのでしょう?

寂しさを感じない人っているの?

明るい人や明るくない人、優しい人や優しくない人がいるように、

いろんな人がいますよね。

つまり、寂しさを感じやすい人もいれば感じにくい人もいます。

ひとりで全く大丈夫な人は、きっと寂しさを感じにくい人なのでしょうね。

(もしかしたら、家に帰ると違う人もいるかもしれませんが…)

 

そんな寂しさを感じにくい人はどのような人かというと、

「自己肯定感が高い」人、という意見があります。

(これは人間社会の飛行法というサイトを作っているふーたさんのブログで見つけました)

自己肯定感、あまり耳慣れない言葉ですよね。

これは自分自身の存在を肯定的に評価する感情のことです。

自分は自分でいいのだと思うこといい自分もダメな自分も受け入れられる

そんな人は寂しさを感じにくい、ということのようです。

 

でもなかなか急には自分のダメなところとか、受け入れられませんよね。

せっかくのお休みにダラダラしてしまって、自己嫌悪、なんて私にはよくある話です…( ;∀;)

いつか、体を休めて明日からに備えているのだ、などと

言い訳ではなく心から思えるようになりたいものです…!

 

これは心の隅には置いておき、ちょっとずつ認めてあげるようにするとして、

まずは簡単にできることで気持ちを軽くしていきましょう!

寂しさから自由になろう

手足を温める

寂しさを感じるとき、なんだか手足がひんやりしませんか?

自律神経、聞いたことくらいはあるかもしれません。

体の活動を調整する神経で、

交感神経が活発な時は活動的な状態に、副交感神経が活発な時はリラックスした状態になります。

寂しさ = ストレスを感じているとき、人の体では交感神経が働いています。

気持ちが高ぶっている、という状態ですね。

この状態では手足は冷えてしまっています。

 

気持ちを落ち着けるために、まずは副交感神経に働いてもらいましょう。

手っ取り早く簡単な方法が、手足を温めることです。

首周りを温めることもいいですね。

温めることにより、血管を開き、体をリラックスさせましょう。

 

カイロゆたんぽもいいですし、

靴下を履いたりするだけでも温かくなりますね。

しっかりお風呂に入ってしまうのもありです。

ゆたんぽなどは最近、かわいいものがたくさん出ていますので、

元気な時にお気に入りを探しに行ってみてください!

 

ちなみに、私は気分が沈んでしまったときには温かいものを飲むようにしています。

結構効果があるのでおすすめです。

特にちょっと甘めのものがいいですよ。

頭の中で「あーーー!!!」

寂しい時って頭の中でいろいろなことを考えちゃいますよね。

あの友達は…とか、

自分はどうして…とか。

ぐるぐる嫌なこと、悲しいことが頭をぐるぐるしちゃって…。

手足を温めて、それでも落ち着けないときは、

いったん頭の中をリセットしてみましょう!

 

やることは簡単です。

頭の中で大声で

( ゚Д゚)< あーーー!!!

と叫んでみてください! 

え? って思いましたよね? 笑

でも、だまされたと思ってやってみてください!

これは私に心理学を教えてくれた先生直伝の方法です。

 

先生曰く、人はいっぺんにふたつの事を考えることができないそうです。

なので、ひたすら「あーーー!!!」と頭の中で言っている間は、

寂しい、と考えられないのです。

実際に私も頭の中で叫びつつ、他のことを考えようとしてみましたが、できませんでした。

考えている間って、「あー」って叫んでないんですよ!

 

この実験をして、その間に気がまぎれたら

それはそれで効果あり、ですね! 笑

あなたが集中できるものはなんですか?

先ほどもでてきましたが、人はふたつのことを同時に考えられません。

なので、なにかに集中することもいい対策になります。

 

好きな小説やコミックでもいいですし、ゲームでもいいですね。

趣味に没頭する音楽を聴く、なんてよく聞く話でもあります。

私も夜中にふと目が覚めてしまったときなどは、

撮りだめしたドラマをこっそり見たりしています。

そのまま気分よく ソファーで寝てしまったりして、

朝になって怒られたり 笑

 

何にせよ、いったん「寂しい」に向いてしまっている気持ちを

別のところへ向けてあげることが大切です。

マッチングアプリで同じ趣味の人を見つける

一時的に「寂しい」につかまってしまったときの対処法をいくつか見てきました。

でも頻繁に起こるようではやっぱり辛いですよね。

家族や友達と過ごす時間をもっと取れればそれに越したことはないのですが、

なかなか相手のあることなので、あまりわがままも言えないし…

そんなときは、新しい交友関係を開拓してみてはいかがですか?

 

このサイトでもいくつか紹介していますが、

マッチングアプリの中には共通する趣味がある人を探せるものがあります。

すぐに恋人を作りたい! というものだけではなく、

まずはお友達から、というようなものも。

一緒に趣味を楽しめる人を増やすことで、寂しく思う時間を減らしてしまいましょう!

 

ただ、すでに恋人がいる人は要注意です!

交友関係を広げようとして、今ある関係を壊してしまっては

本末転倒ですからね 笑

マッチングアプリで付き合う不安、解消法を実体験から伝えます!!

2019年10月1日

マッチングアプリで出会う事に抵抗感しかなかった私が考えを変えた訳

2019年9月8日

ペアーズはコミュニティでもっとアピール!!入るべきコミュニティとは

2019年9月29日

それでも寂しい時は

家族や友人といても、やっぱり寂しさを感じてしまう…

そういうときもあると思います。

あの人はすごいなぁ…それに比べて私なんて…

そんなことを思ってふさぎ込んでしまうこと、

私もあります。

そんなときにはどうするのがいいのか、ここからお話していきます。

ひたすら寂しさを味わう

どんなに別のことを考えてみても、やっぱり「寂しいな」って思ってしまうとき。

そんな時、実は自分自身が「寂しい」と思いたがっているのかもしれません。

こんなに辛いのに?

って思いますよね。

でも、たまに自分をいじめたくなる時ってありませんか?

むしゃくしゃしてヤケ食いしたり、みたいな。

結局自分が苦しくなるだけなのに、って思っていても

してしまうこと、ありますよね。

そんな感じなのかもしれません。

 

そんな時は、何に対して自分は「寂しい」を感じているのか、

一度しっかりと向き合ってみるのもいいですね。

それが孤独感なのか劣等感なのか、嫉妬なのか…

そんな自分を人間っぽいを考えているなぁ、人を楽しんでいるなぁ、と

ちょっと客観的に、肯定的に評価できる機会にできるとなおいいですね。

いっその事、泣いてしまいましょう

自身と向き合った結果、感情が高ぶって涙が出てきてしまった。

そんなことも起こるかもしれません。

涙がでることで、より悲しくなってしまうことも…

しかし、涙が出ること、これはむしろいいことです。

 

実は泣くことにより、

寂しい気持ちによって生まれたストレス物質を、涙が一緒に流してくれるのです。

泣いた後にすっきりするのはこのためです。

 

寂しい時には、悲劇的なドラマや映画を見ることもおすすめです。

悲しい話を見ることにより、涙が出るのはもちろんですが、

心の浄化、カタルシスが起こります。

カタルシスとは

悲劇の与える恐れや憐れみの情緒を観客が味わうことによって、日ごろ心に鬱積(うっせき)していたそれらの感情を放出させ、心を軽快にすること。浄化。

精選版 日本国語辞典 より引用

ストレスも解消できて、心も軽くなる。

いいこと尽くめですね! 笑

悲劇的な話が苦手でなければぜひ試してみてください!

まとめ

  • 寂しさとは満たされていないと感じている状態のこと
  • 寂しさの感じにくい人は今の自分を肯定的にみている
  • 寂しい時には別のところへ気を向けよう
  • それでも辛ければいっそ悲劇的な話を見て泣いてしまおう!

 

一緒に、辛く感じる寂しい時間を 少しでも短くしていきましょう!

ただ、あまりにも辛いときは人に相談しましょうね!

寂しさから抜け出す方法とは?今すぐにでも実践できる5つのこと

2019年10月6日

寂しい!眠れない夜が続くのは危険!!病んでしまった私が教える処方箋

2019年10月6日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です